底地権取扱店への相談

家とスーツの男性第三者の土地に建物を建てる権利が借地権ですが、地主が土地を貸す権利を底地権といいます。借地と底地では所有権になりますが、底地だけでは所有権より価値が低くなるのが特徴です。そのため底地権を売却したいという人は多いのですが、何かとトラブルになりがちです。借地権の持ち主と地主、底地権の持ち主と借地人の間のトラブルは、借地借家法にくわしい底地取扱店に相談するのが安心です

底地取扱店は、数々の関連トラブルを乗り越えつつ実績を積んでいます。頼りにすれば、スムーズな取引につながるでしょう。底地権にくわしい担当者がいる不動産屋を探してみることをおすすめします。その際、注意しておきたいのは、査定額です。いくつかの底地取扱店で査定をしてもらい、査定額が大きいところに依頼するのが有利です。また、査定額を出してもらったら、その理由を聞いておくことも大切です。理由をきちんと説明してくれる不動産屋のほうが、信頼できます。

中には、相場より大きな査定額を提示して気を引く不動産屋もいます。しかし査定額はあくまでも仮りの金額ですから、契約に結び付けておいて後で変更されてしまうこともあります。相場が大きく変動することはないため、複数の不動産屋に査定を依頼して信用度をチェックしてみるのが効果的です。


関連記事

  1. 借地権売却は底地取扱店へ
  2. 地主の承諾が必要
  3. 裁判所の許可

裁判所の許可

裁判所借地権売却の承諾を地主から得られない場合には、裁判所の許可を得る必要があります。裁判所では、借地の使用法などについて借地人と地主の間でトラブルがなかったかを考慮します。借地権の譲渡を要する借地人の事情も考慮されますが、裁判所の立場は公平です。ときには、地代の値上げや契約条件の変更を命じたり、借地人が地主に承諾料を支払うように決定されることもあります。その場合、承諾料は借地権価格の10%ほどになるのが一般的です。

地主に借地権売却の承諾を得られず裁判に発展すると、余計なコストがかかったり、不利な条件を命じられる可能性が出てきます。また、借地権付き建物などを購入しようとする人も、裁判に至ったような複雑な物件を購入したがらない可能性があります。売却をスムーズにおこなうためにも、地主との関係は良好にしておきたいところです

地主との関係は、これまでの支払いに遅れがなかったか、近隣トラブルを起こさなかったか、土地の使用に関するルールを守ってきたかなどに左右されます。地主に好印象を持たれている借地人であれば、売却の交渉も進めやすいでしょう。日頃からの心がけが重要ですが、売却しようと思ってからでも遅くはありません。


関連記事

  1. 借地権売却は底地取扱店へ
  2. 地主の承諾が必要
  3. 底地権取扱店への相談

地主の承諾が必要

家問題借地権を相続したものの、維持できないから売却したいなどの悩みを抱えている人は多いものです。借地権を売却する場合、当然のことながら地主の承諾を要します。ところが、地主の承諾を得ないままに借地権を売却してしまうケースもあります。借地契約のルールをよく理解していなかったり、面倒だからと地主の承諾を得ないままに売却してしまうのは、明らかなルール違反です。もめごとになり、借地の賃貸借契約を解除されたしまったり、借地権の売買契約まで白紙になりかねないため、注意しましょう。

実際、地主の承諾を得ないままに借地権を売却してしまい、裁判になったケースも珍しくありません。借地人の背信的行為と認められる事情がない限り、地主による契約解除権の行使は制限されるとの過去の判例もありますが、無断で借地権を売却されていい顔をする地主はそうそういないでしょう。一時的に預けていたものを勝手に他人に売ってしまったとなれば、誰でも立腹して当然です。

地主と円満な関係を維持するためにも、借地権の売却は事前に承諾を得るようにしましょう。承諾を得られない場合は、裁判所に許可を申し立てることもできます。借地権契約の解除に至らずとも、結局は借地権売却の承諾を地主から得られなかったということにもなりかねません。なるべく穏便に、地主との交渉を進めることが大切です


関連記事

  1. 借地権売却は底地取扱店へ
  2. 裁判所の許可
  3. 底地権取扱店への相談

借地権売却は底地取扱店へ

空借地権の売却は、なかなかスムーズに進まないこともあります。というのも、地主や裁判所からの許可が得にくいこともあるためです。借地権には、建物が付いていることもあります。交渉が複雑化しないようにスムーズに売却へと進めるにはどうしたらよいか、お話しましょう。

借地権を売却するには、事前に地主の承諾を得る必要があります。交渉が面倒だから、借地権契約のルールを知らなかったからといって無断で借地権を売却してしまえば、地主ともめごとになっても無理はありません。借地権契約の解除や売買契約の無効などにならないよう、売却の前には必ず地主の承諾を得られるまで交渉をすることが大切です

地主の承諾を得られず、それでも借地権を売却したい場合は、裁判所の承諾を得られるように申し立てしなければなりません。裁判所は公平な立場で細かい事情まで考慮しながら、判決をおこないます。最終的に、地代を値上げされたり契約条件を変更されたりする可能性もあるでしょう。売却の承諾料を地主に支払うよう、命じられることもあるのです。借地の売買には、トラブルがつきものです。なるべくスムーズに取引を進めるには、借地借家法にくわしい担当者がいる不動産屋を探すことが大切です。底地権についても、底地取扱店として実績の高い不動産屋にしたほうがよいでしょう。売却の査定額も、相場から外れることはありません。複数の底地取扱店に査定を依頼して、査定額の理由をきちんと回答できるようであれば有望です。


関連記事

  1. 地主の承諾が必要
  2. 裁判所の許可
  3. 底地権取扱店への相談