地主の承諾が必要

家問題借地権を相続したものの、維持できないから売却したいなどの悩みを抱えている人は多いものです。借地権を売却する場合、当然のことながら地主の承諾を要します。ところが、地主の承諾を得ないままに借地権を売却してしまうケースもあります。借地契約のルールをよく理解していなかったり、面倒だからと地主の承諾を得ないままに売却してしまうのは、明らかなルール違反です。もめごとになり、借地の賃貸借契約を解除されたしまったり、借地権の売買契約まで白紙になりかねないため、注意しましょう。

実際、地主の承諾を得ないままに借地権を売却してしまい、裁判になったケースも珍しくありません。借地人の背信的行為と認められる事情がない限り、地主による契約解除権の行使は制限されるとの過去の判例もありますが、無断で借地権を売却されていい顔をする地主はそうそういないでしょう。一時的に預けていたものを勝手に他人に売ってしまったとなれば、誰でも立腹して当然です。

地主と円満な関係を維持するためにも、借地権の売却は事前に承諾を得るようにしましょう。承諾を得られない場合は、裁判所に許可を申し立てることもできます。借地権契約の解除に至らずとも、結局は借地権売却の承諾を地主から得られなかったということにもなりかねません。なるべく穏便に、地主との交渉を進めることが大切です


関連記事

  1. 借地権売却は底地取扱店へ
  2. 裁判所の許可
  3. 底地権取扱店への相談