借地権売却は底地取扱店へ

空借地権の売却は、なかなかスムーズに進まないこともあります。というのも、地主や裁判所からの許可が得にくいこともあるためです。借地権には、建物が付いていることもあります。交渉が複雑化しないようにスムーズに売却へと進めるにはどうしたらよいか、お話しましょう。

借地権を売却するには、事前に地主の承諾を得る必要があります。交渉が面倒だから、借地権契約のルールを知らなかったからといって無断で借地権を売却してしまえば、地主ともめごとになっても無理はありません。借地権契約の解除や売買契約の無効などにならないよう、売却の前には必ず地主の承諾を得られるまで交渉をすることが大切です

地主の承諾を得られず、それでも借地権を売却したい場合は、裁判所の承諾を得られるように申し立てしなければなりません。裁判所は公平な立場で細かい事情まで考慮しながら、判決をおこないます。最終的に、地代を値上げされたり契約条件を変更されたりする可能性もあるでしょう。売却の承諾料を地主に支払うよう、命じられることもあるのです。借地の売買には、トラブルがつきものです。なるべくスムーズに取引を進めるには、借地借家法にくわしい担当者がいる不動産屋を探すことが大切です。底地権についても、底地取扱店として実績の高い不動産屋にしたほうがよいでしょう。売却の査定額も、相場から外れることはありません。複数の底地取扱店に査定を依頼して、査定額の理由をきちんと回答できるようであれば有望です。


関連記事

  1. 地主の承諾が必要
  2. 裁判所の許可
  3. 底地権取扱店への相談