裁判所の許可

裁判所借地権売却の承諾を地主から得られない場合には、裁判所の許可を得る必要があります。裁判所では、借地の使用法などについて借地人と地主の間でトラブルがなかったかを考慮します。借地権の譲渡を要する借地人の事情も考慮されますが、裁判所の立場は公平です。ときには、地代の値上げや契約条件の変更を命じたり、借地人が地主に承諾料を支払うように決定されることもあります。その場合、承諾料は借地権価格の10%ほどになるのが一般的です。

地主に借地権売却の承諾を得られず裁判に発展すると、余計なコストがかかったり、不利な条件を命じられる可能性が出てきます。また、借地権付き建物などを購入しようとする人も、裁判に至ったような複雑な物件を購入したがらない可能性があります。売却をスムーズにおこなうためにも、地主との関係は良好にしておきたいところです

地主との関係は、これまでの支払いに遅れがなかったか、近隣トラブルを起こさなかったか、土地の使用に関するルールを守ってきたかなどに左右されます。地主に好印象を持たれている借地人であれば、売却の交渉も進めやすいでしょう。日頃からの心がけが重要ですが、売却しようと思ってからでも遅くはありません。


関連記事

  1. 借地権売却は底地取扱店へ
  2. 地主の承諾が必要
  3. 底地権取扱店への相談